ワキガ予防対策

皆さん、自分がワキガにことを想像したことがありますか?

普段から体は洗っているし、人並みの清潔感を意識して生活していたのに、ワキガに突然なるということは珍しくはありません。

ワキガって不潔な人がなるんでしょ。

そう思っている人は、かなり危険なのかもしれません。

今回は、ワキガにならないための予防対策を紹介してきます。

こちらもオススメ→ワキガの具体的な臭い防止対策は?聞かれたら、どの様に対応しますか。

どうしてワキガになってしまうの?

そもそもどうしてワキガになってしまうのでしょうか?

ワキガの主な原因は、汗をかく汗腺にあるアポクリン腺からでる汗です。この汗自体は無臭で、臭い自体は発していません。しかし、アポクリン腺から出た汗に含まるタンパク質、糖質、、脂質、そして、アンモニアが汗腺の穴に常駐している常在菌と呼ばれる菌により、タンパク質などが、分解される際に腐ったような独特の異臭を放つのが主な原因となっています。

この分解された腐敗物が汚れやや皮膚の老廃などと混ざることで、異臭はさらに酷くなるのです。
つまり、ワキガとは汗が原因ではなく、アポクリン汗腺から出たタンパク質などが分解されたものから出る異臭が原因なのです。

昔の日本人はワキガが少なかった

実は近年まで、日本人がワキガなる確率は欧米に比べて大幅に低かったのです。

今でこそ、日本人のワキガ体質になる確率は約10%程度ですが、欧米などでは、60〜80%の方がワキガ体質というデータもあります。

これは、欧米の食生活に大きな問題があり、欧米のように肉食が中心の生活をしているとどうしてもアポクリン汗腺から大量のタンパク質が排出されるため、ワキガになりやすい体質になってしまうそうです。

日本も近年では欧米の肉中心の生活が増えてきましたので、今後、日本人もワキガ体質になっていくことは避けられないでしょう。

欧米ではワキガの臭いはフェロモンとして好意を持たれるが日本では悪臭にしかならない

欧米などでは、ワキガの臭いは異性を引きつける臭いとしても扱われることも多く、「ワキガ=臭い」という日本の方程式が当てはまらないことがある。

これは、普段から鍵慣れている臭いに落ち着くという人間の性質で、周りのほとんどがワキガ体質でワキガの臭いに触れる機会が多い欧米ではワキガは異性から好意を持たられる臭いとして用いられることがあるそうです。

しかし、日本においては、「ワキガ=臭い・不潔・汚い」という方程式が多く用いられ、ワキガのアドバンテージを受けることはほとんどない。

つまり、日本に住んでいる限り、ワキガになってしまうことはプラスになりえない、マイナス要素であることは明白なのです。

ワキガにならないためにするべきこと

まず、最初に気をつけないといけないことは、食生活を改善していく必要があります。

近年、日本の食生活は大きく変化してしまいました。

昔は、植物性のタンパク質や穀物類の糖質、魚などを多く食してきた日本人ですが、近年は肉中心の食生活です。また、ジャンクフードなどに含まれている大量の脂質がワキガ体質に拍車を書けています。こうした食生活を改善していくことが必要ではありますが、まったく肉やジャンクフードなどのお菓子を食べないで生活してくことは今の現代人には無理な話でしょう。

欧米の食生活はできるだけ改善しつつ、ワキガ予防に効果的な方法を実行していきましょう。

ミョウバンがワキガ予防に効果があるって知っていましたか?

ミョウバン水がワキガに効果あり

ミョウバンって聞くと漬物などの発酵食品に使うイメージがあると思います。主には漬物などの発酵食品に使用されるものですが、実はワキガにも予防にも効果があるのです。

例えば、別府にある温泉ではミョウバン温泉とうのが有名です。また、古代ローマ時代では汗を抑えるとしてものとして、王族でも重宝されていました。つまり、ミョウバンは古代から使われているデオドラント剤の一種なのです。

ミョウバンの良さは手軽さと素材の安さ

ミョウバンはスーバーなどで手頃な価格で販売されていて、誰でも簡単に入手することができます。普段から漬物などをよく食している家庭なら普通に常備されているところもあると思うので、ミョウバンを利用してみるといいでしょう。

多くのワキガ予防で大切なのは、日頃からのケアが大切です。

毎日手軽で費用を安く抑えることは、経済的な負担が少なく、続けていくことができるので重要なポイントです。

ワキガに効果があるミョウバンの使い方

ミョウバンの使い方は簡単です。水に溶かして使うだけ!

スーバーなどで販売しているのミョウバン(約50g)を、1.5リットルのペットボトルに入れ、水道の水を注いで、よく振るだけです。

だいたい1日ほど放置すると、透明の液体になります。見た目はただの水ですが、これでミョウバン水の出来上がりです。

このミョウバン水をガーゼなどに浸して、脇などのワキガの臭いが出やすい部位を優しく吹いてあげるだけで効果があります。

またミョウバン水を霧吹きなどのスプレーに入れて、体に吹きかけてあげると、皮膚の表面が弱酸性に保つことができるため、ワキガの元になる常駐菌の活動を抑えることができます。

このようにしてミョウバンを上手に活用することで、ワキガ予防をすることができるのです。

こちらの記事もおすすめ→ミョウバンって何だろう??ワキガの予防対策に使えるのか

半身浴でワキガ体質から脱却しよう!

半身浴でワキガ体質から改善

次に紹介するのが、半身浴です。

皆さん、半身浴の何が効果があるのか?おわかりでしょうか?
汗がたくさんかくから、ワキガの臭いも排出されて臭いが取れると思っていませんか?

実はワキガの臭い菌となる物質は汗を書くだけではほとんど除去できないのです。
では、どうして、半身浴をすることがワキガ予防に繋がるのでしょうか?

それは、半身浴をすることでワキガ体質の改善につながるからのです。つまり、体質改善がワキガ予防につながるということになります。

約10〜15分浸かるだけで、ワキガ体質を改善できる

どれくらい半身浴をすればいいのかというと、約10〜15分程度の半身浴でOKなのです。
ながければ長いほどいいというわけではなく、約10分から15分程度、体からジンワリ汗が出てたらOKです。

あまり長く湯船に入りすぎると体の中の表面にある皮脂から油分が抜けすぎて逆に肌が乾燥してしまいます。

乾燥してくると肌の老廃物が多くなり、結果、ワキガの原因となる老廃物が多くなるので、逆効果になる可能性があります。

適度な半身浴を心がける

もちろん、半身浴をしたからといってすぐに体質改善できるわけではありません。少なくとも2、3週間は継続的に半身浴をすることが目安です。

半身浴をすることで血行がよくなり、代謝が向上します。
代謝が向上することで、老廃物となるたんばく質の排出を抑え、アポクリン汗腺が正常に機能しだすと、ワキガ体質から改善することができます。

こちらの記事もおすすめ→ワキガ臭いのが、半身浴で取り除けるとは知らなかった。

耳垢が湿気ていたら、ワキガ体質のサイン?

皆さん、耳垢って定期的にキレイにしていますか?

子供のころは、両親などに任せていた耳掃除も大人になるに連れ、自分でするようになってくると思います。

ときには目玉が飛び出るほどの大きな耳垢が出てきて、びっくりすることがあると思います。
実はこの耳垢がワキガ体質であるからどうかを見極めるサインでもあるのです。

そのサインは耳垢が湿気ていたら、ワキガ体質である可能性が高いのです。

ではどうして、耳垢でワキガ体質なのかがわかるのでしょうか?

耳の中にもワキガの原因となるアポクリン汗腺がある

耳の中には多くの汗腺があり、その中にワキガの原因となるアポクリン汗腺があります。
実は耳の中のあるアポクリン汗腺は幼少のころから発達をしているため、年を重ねるほど、アポクリン汗腺から出る老廃物は多くなりやすく、また湿気やすいのです。

この耳の中のアポクリン汗腺がどれほど発達しているからで、体中にあるアポクリン汗腺がどれほど発達してるのかが推測されます。

ワキガはアポクリン汗腺からでてくるタンパク質などの老廃物が多いほどワキガになりやすく、アポクリン汗腺が発達していると相対的にその量は多くなります。

つまり、耳の中が湿気ていいる人ほど、アポクリン汗腺が発達している可能性が高く、ワキガになりやすい体質といえるのである。

もちろん、耳の中が湿気ている人すべてがワキガ体質であるとは言えないが、確率は高くなるので注意が必要である。

こうしたサインがある場合は上記で紹介した方法でワキガ予防対策をすることをオススメします。

コチラの記事もおすすめ→あの頃の事を思い出した。耳垢が乾燥しなかったらワキガだと言う事を。

ワキガは誰でもなる症状、普段からワキガ予防をしておく必要がある

ワキガは誰でもなる可能性がある症状です。普段から清潔にしていも、食生活や生活環境によって、ワキガになる人はたくさんいます。

日頃から、ワキガにならないための正しい知識と予防対策を講じておくことが、ワキガにならないための最良の方法です。

今日からあなたもワキガにならないための予防対策をしてきましょう。

手術をする前に是非一度使ってみてはいかがでしょうか?